のんびり学習記録

大学受験に向けて、勉強したことを記録していきます。

はじめして

 僕は、東北大学教育学部を目指している高校2年生です。大学受験に向けて勉強したことを、息抜きがてらに記録していきたいと思います。ブログなんか書いてないで勉強しろ、と思うかたもいらっしゃると思いますが、そこは多目に見てください...

 これから、勉強をすすめるにあたって、個人的に考えている勉強をする意味、というのを最初に紹介したいと思います。それはずばりより良く生きるためです。

1.楽しく生きる

 例えばですがネットで有名なテストの珍回答として「春は(        ) 括弧に当てはまるものを答えなさい」という問題にたいして「あげぽよ」と答えた、という話があります。この話をきいて、面白いと感じるのはなぜか。それは、元々の「春はあけぼの」をしっているからですよね。他の例ですが、僕は世界史を選択しているため、修学旅行で京都を訪れ、寺を見て回っても正直あまり面白いとは思いませんでした。しかし、古典を教えている先生はとても楽しそうにしていました。これは、知識があるから楽しめるということではないでしょうか。勉強は、人生を楽しむために必要なんです。

2.幅広く生きる

 二次関数なんて将来使わない。数学が苦手な人は一度は言ったことあるセリフかもしれません。他には、歴史なんて昔のことだから無駄、とか、古典は役に立たない、とか。これは、将来使わないのではなく、「将来使わない道を選ぶ」ことになるのではないでしょうか。数学を捨てたら、数学を使わない将来しか選べない。歴史を捨てたら歴史が役立つ仕事や趣味ができない。幅広い選択をするためにも、勉強は必要です。

3.優しくいきる

 これが一番大切だと思います。勉強をすればそれだけ新しい視点で物を考えることができる。逆に言えば、勉強しなければ偏った考えになってしまいます。知らないから、で済まないことはこの世の中には沢山ありますし、知っていればそれだけ他人に迷惑をかけなくて良いんです。それどころか、色々知っていれば、相手のことをより深く考えてあげることができます。勉強するのは、誰かに優しくなることでもあるのです。

 

 以上の三つの点は、僕の独断と偏見による考えです。無理して共感する必要もないです。このブログでは以上のことを踏まえて、勉強は受験のためだけでなく、より良く生きるために...という考えに基づいて書いていきたいと思います。そのため、自己満足のおおい文章にはなってしまいますが、どうか、応援よろしくお願いします。